自然のままの蝶や花の写真を公開します。


by blumei724

ヒメヒカゲ

昨日は平日ですが休みでした。
昨年果たせなかったフジミドリの開翅写真を撮りに行きたかったのですが、天気予報は曇りのち雨。あきらめて曇りでも撮れそうなヒメヒカゲの撮影に予定を変更しました。
などと書くとジャノメ、セセリ好きの皆さんのひんしゅくを買いそうです(笑)。

脂っこい料理が好きだった子供が、大人になって和食が好きになったり、派手でカラフルな服装が、年齢と共に渋くなったりするように(変なたとえ?)、蝶好きの皆さんも玄人になるほど、アゲハやシジミからジャノメ、セセリに興味が変わってくるようです。
私はまだそのようなレベルに達していないようで、いまだに主としてアゲハ、シジミを追っかけています(笑)。

ジャノメだと私の好きな吸蜜写真が滅多に撮れないというのも理由かも知れません。
ヒメヒカゲの吸蜜するところを見たことがありません。かといって樹液に集まるのでもなく、成虫はいったいどうやってエネルギーを取っているのでしょう??不思議です。

2006.6.8、兵庫県
f0063624_914205.jpg
f0063624_9143257.jpg
f0063624_9144119.jpg
f0063624_9145213.jpg

# by blumei724 | 2006-06-09 09:17 | | Comments(6)

ホソオチョウ

昼から時間が出来たので、近場で行けるところと思い、城陽市木津川堤防のホソオチョウの撮影に行きました。
天気も良かったので飛翔写真を狙ったのですが、大量のボツ画像の山を作ってきました(笑)。
シャッタースピードは1/500に固定します。これよりシャッタースピードを落とすと飛翔写真では経験的にはねがブレてしまいます。
そうすると曇りの日ではアンダーになってシャッターが切れませんので、私の経験からは飛翔写真はピー完に快晴の日に写すのが良い写真を撮る条件です。
おそらく外付けフラッシュ併用をすれば、海野さん風の写真を撮れるのでしょうが、機材等どうすればいいのか分かりません。とりあえず快晴の日ならフラッシュなしでいけます。
ファインダーは使わず、モニターに切り替えますが、それすら確認はあまり出来ませんので、結局レンズをなるべく蝶に真っ直ぐ向けて、ノーファインダーです。
フィルム写真なら、フィルム代、現像代を考えて、お金持ちじゃない限り、こんな無茶は出来ません。
実際、私もフィルムで撮っていた時は飛翔写真を撮ろうとしたことすら、ありませんでした。幸いデジカメは何枚とってもただなので、後はひたすら連写で撮って、まぐれを狙います。ありがたい時代になったものです。
いくらまぐれとはいえ、経験を積むと確率が上がってくるようですが、私はまだまだ打率最低(笑)です。
従って、ウスバシロとかジャコウ、ホソオチョウのように飛ぶのが遅い蝶で練習している段階です。

写真一枚目、良い感じで撮れた!!と思ったら背景にビニール袋が...
写真二、三枚目、ピントぴったし、しかし草に止まっているようにも見えて、飛翔写真らしくない...
写真四枚目、残念、はねが切れている。

ということで偉そうなこと言っていますが、結論はまだまだ修行不足なのでした(笑)。
f0063624_539248.jpg
f0063624_5393782.jpg
f0063624_5394931.jpg
f0063624_540593.jpg

2006.6.3、京都府城陽市
# by blumei724 | 2006-06-04 05:44 | | Comments(10)

忙しくどこにも行けていません(泣)
先週末はウスバシロの写真でも撮りに行こうかと思ったのですが、あいにくの天気、日曜の昼頃少し晴れたので近場を回ってみましたが、カラスアゲハを見たぐらいで写真は撮れませんでした。

写真は桐の花です。
桐は東北地方ではキマルリのホストになっていることが良くあると聞きました。

2006.5、京都市、滋賀県
f0063624_6491888.jpg

f0063624_649499.jpg

# by blumei724 | 2006-05-30 06:51 | | Comments(4)

連雀

かれこれ私用に忙しく、なーんも画像がありません。
いかんいかん(汗)、忘れられそうなので、何か写真を載せよう。蝶の写真は無いけど。

先月我が家に来た連雀(れんじゃく)の群れです。尾の先頭の赤い(一枚目の写真)のが緋連雀です。
その群れの中にわずかに混じっているのが、黄連雀 (二枚目、三枚目)、少し体が大きく、尾の先端が黄色で、羽の横に白い線があります。

集団で飛んできて、ものすごい勢いで木の実をがつがつ食い尽くし、我が家のピラカンサを丸坊主にして去っていきました。
無事にシベリアに帰れたかなぁ?

2006.4.9、京都府
f0063624_2343237.jpg
f0063624_2345147.jpg
f0063624_2352832.jpg

# by blumei724 | 2006-05-20 23:06 | 雑談 | Comments(4)

ギフチョウとサクラ2

先日の続きです。
兵庫県但馬地方のギフチョウ。
痛んだ個体が多かったのですが、もう一度見直して、そこそこの写真を選んでみました。

2006.5.4
f0063624_5201473.jpg
f0063624_5202921.jpg
f0063624_521094.jpg
f0063624_5211420.jpg

# by blumei724 | 2006-05-09 05:22 | | Comments(2)

積雪

先日訪れた但馬地方の山、山頂のブナ林はまだこんなに雪が積もっていました。
至る所に雪の重みで折れたり、倒れたりしたブナの枝が落ちています。
f0063624_18153519.jpg

ここはフジミドリがいる場所なので、少し卵を探しましたが見つけられませんでした。ギフが目的だったので時間を割きませんでしたが、探せば見つけられそうです。
ただ平地で育てている我が家のブナの葉は堅くなっており、今見つけたところでエサをどうすればいいか分かりません。

季節の進み具合は、ふきのとうが出たところだったり、キブシの花が咲いていたりと、京都より一ヶ月ほど遅れています。今年は雪が多かったのかもしれません。
f0063624_18155292.jpg
f0063624_18161284.jpg

麓ではボロが多かったですが、山の上の方のギフはまだ発生していないのかも知れません。実際、平年は多く見られるという山の上の方では、見ませんでした。

f0063624_18162875.jpg

最後はスジグロシロ(エゾ?)
2006.5.4
# by blumei724 | 2006-05-07 18:23 | | Comments(4)

ギフチョウとサクラ

何とか今年の目標のサクラでの吸蜜写真を撮れました。

やっと天気も味方してくれて、快晴の一日。
兵庫県但馬地方の山に行きました。

山頂付近はまだまだ雪が残っていてびっくり。
山の上の方はまだ早いようなので、麓でソメイヨシノに来るところを運良く撮影できました。
破損した個体も多かったのですが、そこそこ綺麗な個体もいてくれました。


2006.5.4
f0063624_0503514.jpg
f0063624_0504897.jpg

# by blumei724 | 2006-05-05 00:50 | | Comments(10)

ヤマルリソウ

またスミレが咲いているのかと思えば、よく見ると、こんな花も咲いていました。
ちっさくて、かわいい花のヤマルリソウです。

2006.4.29、京都市
f0063624_2065181.jpg
f0063624_20718.jpg
f0063624_2071741.jpg

# by blumei724 | 2006-04-30 20:07 | | Comments(2)

天気にやられっぱなし

連休初日ですが、先週、天気にやられたので、晴れるのか曇りなのか良くわからない天気予報に、遠出するのはためらわれました。

近くのポイントでツツジの吸蜜を狙うことに。
ギフの好きそうなピークにある、蜜のおいしそうな、そして撮影しやすい高さのツツジの前で粘りました。しかし、昼から晴れるとの天気予報は当たらず、全然晴れてきません。

やっと2回ほど日が差した時に、松の梢の上を飛ぶギフを何度か目撃、そのうち一回で地面に降りてきた個体を撮影しました。
その後も曇ったままで、ツツジの吸蜜写真どころじゃありませんでした。

ふしみやさんに教えていただいた大阪~京都の特徴、橙色班の「ピンハネ」はこの個体でも見られます。

2006.4.29、京都市
f0063624_0333677.jpg

# by blumei724 | 2006-04-30 00:37 | | Comments(716)

越冬ヒオドシ

写真を一目見てもらえば、すべてお分かりと思います(笑)

このところ休みと天気の相性が悪いようです。
昨日は岐阜県、恵那方面に行きたかったのですが、東海地方は全部雨で中止。京都北部のみ、雨のち晴れの予報だったので、まあ近場だしダメ元でと出撃しました。

場所は去年観察した綾部市のポイント、ツツジの花での吸蜜の写真が撮りたいと思ってここにしました。個体数は多くないのですが、家から近く、車で山上まで行けるお気楽ポイントです。

朝は雨だったので友人との待ち合わせ時間は、とてもギフ狙いと思えない10時半集合、それでも昼前後に晴れてきて、ナミアゲハ、キアゲハのドキドキする飛翔(笑)が見られました。
結局その後、また曇ってきてジエンド。友人と学生時代の思い出話をのんびりして、良い空気を吸って帰ってきました。

写真はコバノミツバツツジ、越冬ヒオドシ、ポイントの尾根筋の道です。

2006.4.23、京都府綾部市
f0063624_935594.jpg
f0063624_944833.jpg
f0063624_9505.jpg

# by blumei724 | 2006-04-24 09:06 | | Comments(7)