自然のままの蝶や花の写真を公開します。


by blumei724

<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

田淵行男記念館

体育の日の連休、紅葉を見に信州に行っていました。
あいにく初日の日曜は天気が悪く、安曇野の美術館めぐりなどをしようという話になりました。
そこで、前から行ってみたいと思っていた「田淵行男」記念館にぜひ行きたいと主張して、プランに押し込みました。


f0063624_10255826.jpg
私自身、高山蝶の生態を解明した人ということ以外、あまり存じ上げていなかったのですが、なかなかに興味深く、楽しませていただきました。
山の写真が展示されていたのが、すべてモノクロでした。あえてモノクロ写真にこだわられていたそうですが、カラーが出始める前から写真を撮られていたことには違いありません。
さらに写真は乾板で、フィルムすらない時代だったそうです。重い機材を背負って山に登り、失敗の許されない枚数で、貴重な写真を撮っていたご苦労は並々ならぬものだったでしょう。テントも旧式、カメラも大きく重く、半分、自作で改良していたとのことでした。
それに比べれば、デジカメで好きなだけパシャパシャ押せる今の時代は幸せです。

けれども、逆にその時代がうらやましくも思えることがありました。
アサヒヒョウモンの生態解明調査の様子が館内のDVDで見られました。
今の日本では蝶の新種が見つかることはなく、幼虫から食草までも、すべて解明されています。
新しい発見をするのがとても難しいように思います。
未知の食草や生態を解明するという、そんなどきどきする体験を出来た時代が、とてもうらやましかったです。




by blumei724 | 2015-10-13 10:28 | 雑談 | Comments(0)