自然のままの蝶や花の写真を公開します。


by blumei724

<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ホシアジサイとアジサイ

ソニーが七月、ついにデジタル一眼α100を発売する。
1020万画素、手ぶれ補正が付いて、先日ある量販店で聞くと、実売87000円の予定ですと言っていた。
ミノルタのαレンズがすべて使えるので、ミノルタユーザーの私にとっては、眠っている交換レンズが生き返る。
すぐ買おうか、初期不良の心配が無くなって、価格がこなれるまで待とうかと迷っている。

ニコン、キャノンの二大陣営に挟み撃ちにあって、ずいぶん肩身の狭い思いをしてきたミノルタユーザーにとっては、やっと恥ずかしい思いをせずに済みそうである。

そもそもこんなにフィルムからデジカメの移行が一気に進むとは誰も予想していなかった。
すっかり出遅れたミノルタはとうとうカメラ事業から撤退を発表(びっくり!)。
一生使うつもりで、大枚はたいてα-9と交換レンズをそろえてきたが、いったいどうなってしまうのか、ただのゴミになるのかと思っていた。
そこにソニーがαマウントを引き継いで、一眼レフを発売。まさに白馬の騎士である。

問題は軽量のレンズ一体型デジカメに慣れてしまった分、もう一度重い一眼レフを持つ根性があるかどうかである。

「カメラはどこのをお使いで?」「ソニーです。」
昔から写真をしている人にとってはあり得ない会話だ(笑)。

しかし休みのたびに雨で困る。写真は先週撮ったアジサイです。星形の花のアジサイは、ホシアジサイです。

2006.6.18、京都市
f0063624_7295528.jpg
f0063624_730777.jpg
f0063624_7301985.jpg
f0063624_7302864.jpg
f0063624_730392.jpg

by blumei724 | 2006-06-24 07:33 | | Comments(6)

ユキノシタ

川沿いの湿った日陰の石垣に群生していたのはユキノシタです。
下側の白い花びらが長いのが特徴です。
よく似た下の花びらが長いダイモンジソウ(大文字草)という花がありますが、こちらは秋に咲きます。

ユキノシタの葉っぱは山菜としても、天ぷらにするとなかなかいけるそうです。

2006.6.18、京都市
f0063624_2257081.jpg
f0063624_22571911.jpg

by blumei724 | 2006-06-22 22:58 | | Comments(2)

ヤマアジサイ

土曜日の但馬地方の続きです。晴れるどころかどんどん悪くなる天気に、早めに引き上げて体力温存することにしました。

しかし往復300kmも走って、ウラクロのよく分からん写真(笑)だけというのも悲しいので、ちょうど咲いていたヤマアジサイを撮影しました。
青い色が多かったのですが、赤いのもがありました。
一つだけ非常に赤みの強い花を見つけたので、奥の方の入りにくいところだったのですが、草をかき分け撮影しました。この赤いヤマアジサイはちょっとお気に入りです。

2006.6.17、兵庫県

お詫びと訂正
先日の白い花のモウセンゴケは、「コモウセンゴケ」ではなく、「モウセンゴケ」でした。コモウセンゴケは花がピンクです。失礼しました。
f0063624_10214390.jpg
f0063624_1022079.jpg
f0063624_10221945.jpg
f0063624_10222926.jpg

by blumei724 | 2006-06-19 10:25 | | Comments(0)

ウラクロ?

兵庫県但馬地方にゼフの撮影に行きました。
天気予報では晴れとなっていたのですが、曇りのち雨の天気で気温が上がらないままでした。
朝にウラクロを見ただけで、ゼフは何にも飛びません。
フジとヒサマツは昨日採集されたという方に会いましたが、数も少なく、発生初期のようでした。
全体的に今年のゼフの発生は2週間程度遅れているようです。
やはり冬の寒さと積雪の多さの影響でしょう。

お恥ずかしい限りですが、これしか証拠写真はなしです。
頭隠して尻隠さずのウラクロです(笑)。

これはリベンジに行かないと...

2006.6.17、兵庫県
f0063624_23174259.jpg

by blumei724 | 2006-06-17 23:18 | | Comments(6)

ヒメヒカゲ(追加)

おおっ天気予報が変わって、明日は晴れになっている!!
よしっ明日はゼフの写真を撮りに行ってきます。

今年は不作との情報も出ていますが、単に遅れているだけ?
とにかく、確かめに行ってきます。

先日のヒメヒカゲの写真の追加です。

2006.6.8、兵庫県
f0063624_2141915.jpg
f0063624_2131927.jpg

f0063624_2144084.jpg

by blumei724 | 2006-06-16 21:08 | | Comments(0)

モウセンゴケ

食虫植物のモウセンゴケは小さな白い花を付けていました。
食虫植物というと恐ろしい感じがしますが、花はとってもかわいいです。

食虫植物の多くは湿地に生えています。湿地は養分が非常に少なく、土から栄養が取れないので、虫を捕らえて栄養にするように進化したと考えられています。

2006.6.8、兵庫県
f0063624_0242124.jpg
f0063624_0243647.jpg

by blumei724 | 2006-06-15 00:29 | | Comments(0)

ウラゴマ

ヒメヒカゲの湿地に入るときアカシジミを見ました。一瞬でしたが、今年初めて見るゼフです。

そして帰ろうとすると、ウラゴマダラシジミが飛んでいました。今年2種目のゼフです。高いところに止まったので遠いですが、証拠写真です。
あたりを見ると目の前にイボタの木がありました。花はもうほとんど枯れかかっています。

湿地の周りにはヒメウラナミジャノメがいました。

2006.6.8、兵庫
f0063624_10175692.jpg
f0063624_10181128.jpg
f0063624_10182710.jpg

by blumei724 | 2006-06-14 10:20 | | Comments(6)

トキソウ

ヒメヒカゲのいる湿地にたくさん生えていた蘭の仲間、トキソウです。
野生種だけに花は小さいのですが、どこをどう見ても立派な蘭です。

2006.6.8、兵庫県
f0063624_1051334.jpg
f0063624_1051138.jpg

by blumei724 | 2006-06-11 10:52 | | Comments(2)

ヒメヒカゲ

昨日は平日ですが休みでした。
昨年果たせなかったフジミドリの開翅写真を撮りに行きたかったのですが、天気予報は曇りのち雨。あきらめて曇りでも撮れそうなヒメヒカゲの撮影に予定を変更しました。
などと書くとジャノメ、セセリ好きの皆さんのひんしゅくを買いそうです(笑)。

脂っこい料理が好きだった子供が、大人になって和食が好きになったり、派手でカラフルな服装が、年齢と共に渋くなったりするように(変なたとえ?)、蝶好きの皆さんも玄人になるほど、アゲハやシジミからジャノメ、セセリに興味が変わってくるようです。
私はまだそのようなレベルに達していないようで、いまだに主としてアゲハ、シジミを追っかけています(笑)。

ジャノメだと私の好きな吸蜜写真が滅多に撮れないというのも理由かも知れません。
ヒメヒカゲの吸蜜するところを見たことがありません。かといって樹液に集まるのでもなく、成虫はいったいどうやってエネルギーを取っているのでしょう??不思議です。

2006.6.8、兵庫県
f0063624_914205.jpg
f0063624_9143257.jpg
f0063624_9144119.jpg
f0063624_9145213.jpg

by blumei724 | 2006-06-09 09:17 | | Comments(6)

ホソオチョウ

昼から時間が出来たので、近場で行けるところと思い、城陽市木津川堤防のホソオチョウの撮影に行きました。
天気も良かったので飛翔写真を狙ったのですが、大量のボツ画像の山を作ってきました(笑)。
シャッタースピードは1/500に固定します。これよりシャッタースピードを落とすと飛翔写真では経験的にはねがブレてしまいます。
そうすると曇りの日ではアンダーになってシャッターが切れませんので、私の経験からは飛翔写真はピー完に快晴の日に写すのが良い写真を撮る条件です。
おそらく外付けフラッシュ併用をすれば、海野さん風の写真を撮れるのでしょうが、機材等どうすればいいのか分かりません。とりあえず快晴の日ならフラッシュなしでいけます。
ファインダーは使わず、モニターに切り替えますが、それすら確認はあまり出来ませんので、結局レンズをなるべく蝶に真っ直ぐ向けて、ノーファインダーです。
フィルム写真なら、フィルム代、現像代を考えて、お金持ちじゃない限り、こんな無茶は出来ません。
実際、私もフィルムで撮っていた時は飛翔写真を撮ろうとしたことすら、ありませんでした。幸いデジカメは何枚とってもただなので、後はひたすら連写で撮って、まぐれを狙います。ありがたい時代になったものです。
いくらまぐれとはいえ、経験を積むと確率が上がってくるようですが、私はまだまだ打率最低(笑)です。
従って、ウスバシロとかジャコウ、ホソオチョウのように飛ぶのが遅い蝶で練習している段階です。

写真一枚目、良い感じで撮れた!!と思ったら背景にビニール袋が...
写真二、三枚目、ピントぴったし、しかし草に止まっているようにも見えて、飛翔写真らしくない...
写真四枚目、残念、はねが切れている。

ということで偉そうなこと言っていますが、結論はまだまだ修行不足なのでした(笑)。
f0063624_539248.jpg
f0063624_5393782.jpg
f0063624_5394931.jpg
f0063624_540593.jpg

2006.6.3、京都府城陽市
by blumei724 | 2006-06-04 05:44 | | Comments(10)