自然のままの蝶や花の写真を公開します。


by blumei724

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヤマルリソウ

またスミレが咲いているのかと思えば、よく見ると、こんな花も咲いていました。
ちっさくて、かわいい花のヤマルリソウです。

2006.4.29、京都市
f0063624_2065181.jpg
f0063624_20718.jpg
f0063624_2071741.jpg

by blumei724 | 2006-04-30 20:07 | | Comments(2)

天気にやられっぱなし

連休初日ですが、先週、天気にやられたので、晴れるのか曇りなのか良くわからない天気予報に、遠出するのはためらわれました。

近くのポイントでツツジの吸蜜を狙うことに。
ギフの好きそうなピークにある、蜜のおいしそうな、そして撮影しやすい高さのツツジの前で粘りました。しかし、昼から晴れるとの天気予報は当たらず、全然晴れてきません。

やっと2回ほど日が差した時に、松の梢の上を飛ぶギフを何度か目撃、そのうち一回で地面に降りてきた個体を撮影しました。
その後も曇ったままで、ツツジの吸蜜写真どころじゃありませんでした。

ふしみやさんに教えていただいた大阪~京都の特徴、橙色班の「ピンハネ」はこの個体でも見られます。

2006.4.29、京都市
f0063624_0333677.jpg

by blumei724 | 2006-04-30 00:37 | | Comments(716)

越冬ヒオドシ

写真を一目見てもらえば、すべてお分かりと思います(笑)

このところ休みと天気の相性が悪いようです。
昨日は岐阜県、恵那方面に行きたかったのですが、東海地方は全部雨で中止。京都北部のみ、雨のち晴れの予報だったので、まあ近場だしダメ元でと出撃しました。

場所は去年観察した綾部市のポイント、ツツジの花での吸蜜の写真が撮りたいと思ってここにしました。個体数は多くないのですが、家から近く、車で山上まで行けるお気楽ポイントです。

朝は雨だったので友人との待ち合わせ時間は、とてもギフ狙いと思えない10時半集合、それでも昼前後に晴れてきて、ナミアゲハ、キアゲハのドキドキする飛翔(笑)が見られました。
結局その後、また曇ってきてジエンド。友人と学生時代の思い出話をのんびりして、良い空気を吸って帰ってきました。

写真はコバノミツバツツジ、越冬ヒオドシ、ポイントの尾根筋の道です。

2006.4.23、京都府綾部市
f0063624_935594.jpg
f0063624_944833.jpg
f0063624_9505.jpg

by blumei724 | 2006-04-24 09:06 | | Comments(7)

カタクリ

何度も天気予報を見てしまいます(笑)。明日の天気が気になります。またギフを探しに行く予定です。

写真は先週のものです。
カタクリの花は夜は閉じます。福井に朝着いたときは天気が悪く、1枚目のようにまだ閉じた状態でした。
それが天気の回復と共に、見事に花は開きました。
やっぱりカタクリは綺麗です。

ところで皆さんのブログをリンクしようと思ったのですが、エキサイトブログ以外のリンクの仕方が分かりません。HTMLの知識がないと無理なのでしょうか?
しまびと氏、暇なときにメールで教えてくれない?
f0063624_2114363.jpg
f0063624_21144926.jpg
f0063624_2115014.jpg
f0063624_21151189.jpg

by blumei724 | 2006-04-22 21:16 | | Comments(2)

ギフチョウとスミレ

同一個体ですが、カタクリに混じって咲いているスミレでも吸密していました。

スミレは花丈が低いので、どうしても地べたにいるような絵になってしまうのと、この写真のように花が隠れてしまいます。
桜やツツジの方がまだ絵になる感じです。

まあ贅沢を言えばきりがないし、とりあえずギフが写っていれば満足なんですが(笑)

ショウジョウバカマは、ギフが吸蜜しているのを私は見たことがありません。吸蜜することは非常にまれなのでしょうか?

2006.4.14、福井県あわら市
f0063624_9211960.jpg
f0063624_9213245.jpg

by blumei724 | 2006-04-18 09:22 | | Comments(6)

ギフチョウとカタクリ

本日は平日ですが、ずっと前から有給を確保していました。天気予報は曇りでしたが、今日しか行けない!!

昔、しまびと氏に教えてもらった(ありがとう)、福井県あわら市(旧金津町)のポイント。厚い雲に太陽は閉ざされ、カタクリは全部下を向いたままで(夜は下を向くんです)、なんだか寒い。
とにかく、天候の回復を祈るしかない。

すると、天は味方してくれた!!午後から晴れてきた。それと共にカタクリの花も少しずつ上を向き始め、ついに現れた!!
一匹の雌が、このところの雨でよほど空腹だったのか、長い時間蜜を吸っては、日光浴を繰り返し、写真を撮らせくれた。

2006.4.14、福井県あわら市
f0063624_215051.jpg
f0063624_21502912.jpg
f0063624_2150431.jpg
f0063624_21505690.jpg

by blumei724 | 2006-04-14 21:52 | | Comments(12)

コツバメ

先週、ギフを探しに行った時に見かけた早春の生き物です。
コツバメは春一番の短い時期にだけ見られる小さな蝶です。
鳥は、コガラでしょうか?
そしてスミレです。
今週末の天気はどうなるのでしょう?
今から非常に気になります(笑)。
2006.4.8京都市西京区。
f0063624_9141050.jpg
f0063624_9142530.jpg
f0063624_9144485.jpg
f0063624_9145864.jpg

by blumei724 | 2006-04-12 09:13 | | Comments(2)

初ギフ

 今年初めての蝶撮影に近場の京都市西京区のギフチョウに会いに行った。

 山道を登り始めるとすぐに息が切れる。やはり冬の間にかなり体がなまっているようだ。
これが罰ゲームだったらさぞかし苦しいのだろうが、ギフチョウを探しに行くのは苦痛に思えない。しんどいのに、かえって早足で歩いてしまうぐらいである。してみると、この趣味は私の健康法でもあるようだ。

 登山道でテングチョウ、アカタテハ、コツバメを見る。スミレも咲いている。
 上るときは快晴だったのが、山頂に着くとしばらくして小雨が降る。変な天気だ。
ギフチョウは少しでも雨が降っていると、決して飛ばない蝶である。ちょっと厳しいかなと思いつつ天気の回復を待つと、天は味方してくれた。また晴れてきた。

 ふしみやさんがHPで昨日2頭目撃と書いていたポイントで待つが、今日は土曜日だからか登山客が非常に多い。写真を撮るだけなのだが、いろいろ聞かれるのがいやなので、別のポイントに移動する。去年ツツジに吸蜜する写真を撮った場所である。
 しかし見かけない。おそらくまだ出始めで個体数が少ないのだろう。
 両方のポイントを行ったり来たりするも全く見ず。そのまま午後2時になってしまった。
天気も下り坂なので、帰ることにした。
 「空振り」というタイトルでブログを書こうと、文章を考えていると、なんと目の前を飛んでいる!!
 枯れ葉に止まったところを無事に撮影に成功。ギフはひらひら上の方に飛んでいった。
「撮らせてくれて、ありがとう」心でつぶやきながら、さっきまでとは大違いで、足取り軽く山道を降りたのでした。

 2006.4.8、京都市西京区

 この個体の真ん中の橙色班がやけに縦に向いていると思い、88カ所めぐりを見ると、隣接する大阪府北部、奈良県の個体も同じ傾向が見られた。このあたりの個体の特徴なのでしょうか?
 ふしみやさん教えていただければ幸いです。
f0063624_18521298.jpg
f0063624_18523697.jpg

by blumei724 | 2006-04-08 18:57 | | Comments(16)