自然のままの蝶や花の写真を公開します。


by blumei724

カテゴリ:蝶( 83 )

ウラジロミドリ

6月18日、家の近くのウラジロのポイントに行ってみました。
本当に狭いポイントで、いつ居なくなってもおかしくない場所ですので、ここに記録を残しておこうと思います。
f0063624_9122596.jpg

残念ながら時期遅く擦れていましたが、一頭だけ、オスを確認しました。。
by blumei724 | 2016-12-20 09:13 | | Comments(0)

ギフチョウ

今年の4月9日、京都北部にギフを見に行きました。天気は最高、時期も間違っていないはず。
斜めの会でもお会いするYさんとご一緒でしたので、外れのないように、去年も沢山いたポイントへ行きました。
ところがどうしたことか個体数が異常に少ない。
f0063624_8155065.jpg

結局、一日粘って、上の証拠写真程度しか撮れませんでした。

外れ年なのかと思っていました。しかし、FさんのHPを読んでいたら、京都北部でもシカ害で個体数が急激に減っているとのこと。
何年か後には、岩倉や大文字山のようなことになるのでしょうか?

先日行った皆子山ですが、よく知りませんが、昔ならギフの記録がきっとあったと思います。
しかし、直登している途中、数日以内と思われるシカの糞をたくさん見ました。
植林のスギの幹には、シカ害除けのビニールテープがぐるぐる巻かれていました。
これでは今でもギフのいる可能性は低いのではと思います。

シカそのものが悪い訳でないのは分かっていますが、何とかできないものでしょうか?
by blumei724 | 2016-12-06 08:32 | | Comments(0)

2015年11月4日、紅葉真っ盛りの黒部峡谷を訪れました。トロッコ列車の車窓に流れる絶景を眺めた後、欅平駅で帰りの列車を待っていると、弱々しく地面を歩く蝶を見つけました。「シータテハだ。まだ生き残っていたんだな。」と手に取りました。静かに命を全うすることを願って、そっと地面に戻しました。
f0063624_10385606.jpg

by blumei724 | 2015-12-27 10:39 | | Comments(0)
クロツとの混生地のミヤマシジミはこんな具合でした。
2015年8月2日長野県
f0063624_08384010.jpg
f0063624_08400927.jpg
f0063624_08411208.jpg
メスを追いかけていると、産卵行動になり、卵を確認できました。
f0063624_08433138.jpg
f0063624_08440245.jpg


by blumei724 | 2015-12-23 08:46 | | Comments(0)
クモベニを撮影した日に、山を降りた後、まだ少し時間があったので、しまびと氏にクロツとミヤマシジミの混生地に案内してもらいました。
2015年8月2日、長野県
f0063624_10254060.jpg
f0063624_10260935.jpg
混生地だけあって、ミヤマシジミの食草のコマツナギで吸密するクロツもいました。
f0063624_10264142.jpg

by blumei724 | 2015-12-15 10:28 | | Comments(0)

今年の活動記録で、記載していなかった分をなんとか年内に書いてみようと思います。

2015年6月28日、家に近い某所にウラジロミドリを探しに行きました。
そこにウラジロがいることは以前から知っていたのですが、発生時期に訪れるのは初めてでした。
正直、こんな人家の近くにいるのかという場所です。
ため池の回りに小規模なナラガシワ林がありましたが、畑や果樹園とも隣接しており、農薬を撒かれたら一発で居なくなるような場所でした。

しばらく探すも全く見当たらず、これはもうこの場所では絶滅したかな?と思っていたとき、地元の人が見つけて、教えてもらいました。
夕方5時ごろですが、メスを一頭確認しました。

f0063624_09064970.jpg
深い山でもゼフのいないところはたくさんあるのに、こんな人家の近くの小さな森に残っているとは、ゼフの生存条件が何なのか良く分かりません。
ともかく、居ることは分かったので、来年はオスの時期に行って、緑のピカピカを撮ってみたいものです。

by blumei724 | 2015-12-15 09:16 | | Comments(0)

クモベニ

話は遡るのですが、恒例の大学の生物研究部OBでキャンプ大会をしました。
基本は宴会メインなのですが、そこはそれ、幹事の特権で蝶のポイントと合体させました。

去年の目的はミヤマモンキだったのですが、今年はクモベニです。
ということで、8月2日、木曽駒ケ岳にロープウエイで上がりました。

しまびと氏とポイントに着くと、ダケカンバの疎林に草原が広がり、花が咲いています。
シナノキンバイの黄色い花に、早速一頭が止まりました。
ここで待てば楽勝と思いました。

それから、次々に飛んでくるのですが、全然花に止まりません。こんなに訪花性の低い蝶と思いませんでした。

そもそも飛んでいるのが本当にクモベニかどうかすら、これでは確認できません。
やむを得ず、不得意な飛翔写真を撮りました。
トリミングしないとこんな感じです。
f0063624_1252517.jpg

拡大するとこうです。
f0063624_12531181.jpg

写真を見て、やっと飛んでいるのが間違いなくクモベニと確認できました(もちろん採集禁止です)。

しかし、その後もまったく花には寄らず、飛ぶ個体数も減って来ました。
とうとう諦めて帰ることにして、観光客の間を歩いていると、何とクモベニが飛んできて、私のシャツに止まりました。
汗のにおいに引かれたのでしょう。
さらに私の靴に止まり、最終的にしまびと氏の靴に長時間止まりました。
f0063624_19313985.jpg

f0063624_1932045.jpg
まあ、写真は撮れたには撮れたのですが、花に止まっているところを撮る予定が、某氏の靴の上とは(苦笑)
目的の蝶と戯れられたので、これはこれで良しとしましょう!!
by blumei724 | 2015-08-30 12:53 | | Comments(0)

山ゴマ

お盆休みは、能登に旅行に行っていました。
行き道がてら、白山白川郷ホワイトロード(旧名、白山スーパー林道)を通りました。

紅葉シーズンはすごい車の数で、確かに紅葉の景色もすばらしい道ですが、
渋滞しており、途中の滝で駐車場に止めるのも一苦労でした。
今の季節は人も少なく、走りやすかったです。
深緑もなかなか美しく途中で少し、トレッキングしてみることにしました。

道を歩いていくとこんなものが
f0063624_181284.jpg

これってカライトソウではないのかな?
いやきっとそうだ。
すると茶色っぽい蝶が一頭向こうを飛んでいます。
ベニヒカゲか?
確認したい...。しかし斜面を登る元気もない。
そのときは確認できず。
帰り道に同じところを通ったとき、今度は斜面をよじ登った!!
これでした!!コメツツジで吸蜜するところ。
f0063624_18191766.jpg

カライトソウで産卵のような行動をしています。
f0063624_18201520.jpg

話に聞いていたとおり黒かったです。
f0063624_1822574.jpg

メスとは言え、青い部分はまったくありませんでした。
f0063624_2071545.jpg

思いがけず良いものが見れました。
2015.8.12
by blumei724 | 2015-08-15 18:12 | | Comments(2)

阿蘇のオオルリシジミ

ゴールデンウィークは九州に行っていました。
この時期、ここに来て、これを見逃すのは惜しすぎます。
なんとか1時間だけ時間を作り、見てきました。
黄色の花(ウマノアシガタと思います)がいっぱい咲いていたのですが、不思議とこの花にはめったに止まりません。あまり蜜が出ないのでしょうか?
ほんのわずかしか生えていないスミレの方が何回か止まりました。
2015.5.5 熊本県
f0063624_1022072.jpg

f0063624_10223775.jpg

f0063624_1023090.jpg


その後、くじゅう花公園に行きました。
初めて行ったのですが、一方に阿蘇、反対に九重山が見渡せ、花もいっぱいで、とてもいいところでした。
ちょうど、ポピーが満開でした。
f0063624_10253494.jpg

by blumei724 | 2015-05-26 10:28 | | Comments(0)

2週連続ギフ!!その3

今さらですが、私は蝶の写真の中でも.吸蜜写真が一番好きです。
このブログのタイトルを「花蝶ふうげつ」と付けたのも、それがひとつの理由です。

花蝶ふうげつらしく、私の好きな吸蜜写真も撮れました。
コバノミツバツツジで吸密する一瞬です。
f0063624_17341257.jpg

by blumei724 | 2015-04-29 17:35 | | Comments(0)