自然のままの蝶や花の写真を公開します。


by blumei724

ウラジロミドリ

6月18日、家の近くのウラジロのポイントに行ってみました。
本当に狭いポイントで、いつ居なくなってもおかしくない場所ですので、ここに記録を残しておこうと思います。
f0063624_9122596.jpg

残念ながら時期遅く擦れていましたが、一頭だけ、オスを確認しました。。
# by blumei724 | 2016-12-20 09:13 | | Comments(0)

ギフチョウ

今年の4月9日、京都北部にギフを見に行きました。天気は最高、時期も間違っていないはず。
斜めの会でもお会いするYさんとご一緒でしたので、外れのないように、去年も沢山いたポイントへ行きました。
ところがどうしたことか個体数が異常に少ない。
f0063624_8155065.jpg

結局、一日粘って、上の証拠写真程度しか撮れませんでした。

外れ年なのかと思っていました。しかし、FさんのHPを読んでいたら、京都北部でもシカ害で個体数が急激に減っているとのこと。
何年か後には、岩倉や大文字山のようなことになるのでしょうか?

先日行った皆子山ですが、よく知りませんが、昔ならギフの記録がきっとあったと思います。
しかし、直登している途中、数日以内と思われるシカの糞をたくさん見ました。
植林のスギの幹には、シカ害除けのビニールテープがぐるぐる巻かれていました。
これでは今でもギフのいる可能性は低いのではと思います。

シカそのものが悪い訳でないのは分かっていますが、何とかできないものでしょうか?
# by blumei724 | 2016-12-06 08:32 | | Comments(0)

やまっぷ(YAMAP)

とうとう、12月になってしまいました。
それなりに活動はしていますが、ブログに載せる元気がなく、時間が過ぎてしまいました。
少しだけですが、今年の活動を記録がわりに書いていこうと思います。
お暇でしたらお付き合いください。

唐突ですが、昨日は皆子山に登りました。
f0063624_08591637.jpg

どこの山?
そうマイナーなだけでなく、蝶もいません。
しかし、この山は京都府の最高地点なのです!
たとえ、滋賀県と京都府の境にあるため、ほんの数十メートル歩けば滋賀県になってしまうにしても、標高971.5mは、2位の峰床山と1.5mしか差がなかったとしても。
当然ながら、登山者もそれほどなく、登山道は川の橋がなくなって非常に分かりずらくなっていました。
そのため道に迷い、直登するはめになってしまったのでした。
そんな状況でしたが、今年から使っている。スマホのYAMAPというアプリに助けられました。
このアプリはもちろん、無料で使えます。お金がかかるなら使っていません(笑)
長々と書いてきたのは、蝶をしている皆さま方にも、きっと役立つと紹介したいと思ったからなのです。
もともと、登山者用のアプリなのですが、一番良いと思っているのはGPSで現在位置が登山地図上に表示されることです。
迷った時にこれが役立ちます。
蝶を追って、登山道を外れるのは、当たり前(笑)かも知れませんが、そんな時も現在位置が分かれば安心です。
歩いた軌跡も残るし、生息環境の写真も撮っておけば、次回同じポイントに行く時にも良いかも知れません。
良かったら使ってみてください。
何しろ無料なので。
# by blumei724 | 2016-12-04 07:30 | 雑談 | Comments(0)

2015年11月4日、紅葉真っ盛りの黒部峡谷を訪れました。トロッコ列車の車窓に流れる絶景を眺めた後、欅平駅で帰りの列車を待っていると、弱々しく地面を歩く蝶を見つけました。「シータテハだ。まだ生き残っていたんだな。」と手に取りました。静かに命を全うすることを願って、そっと地面に戻しました。
f0063624_10385606.jpg

# by blumei724 | 2015-12-27 10:39 | | Comments(0)
クロツとの混生地のミヤマシジミはこんな具合でした。
2015年8月2日長野県
f0063624_08384010.jpg
f0063624_08400927.jpg
f0063624_08411208.jpg
メスを追いかけていると、産卵行動になり、卵を確認できました。
f0063624_08433138.jpg
f0063624_08440245.jpg


# by blumei724 | 2015-12-23 08:46 | | Comments(0)
クモベニを撮影した日に、山を降りた後、まだ少し時間があったので、しまびと氏にクロツとミヤマシジミの混生地に案内してもらいました。
2015年8月2日、長野県
f0063624_10254060.jpg
f0063624_10260935.jpg
混生地だけあって、ミヤマシジミの食草のコマツナギで吸密するクロツもいました。
f0063624_10264142.jpg

# by blumei724 | 2015-12-15 10:28 | | Comments(0)

今年の活動記録で、記載していなかった分をなんとか年内に書いてみようと思います。

2015年6月28日、家に近い某所にウラジロミドリを探しに行きました。
そこにウラジロがいることは以前から知っていたのですが、発生時期に訪れるのは初めてでした。
正直、こんな人家の近くにいるのかという場所です。
ため池の回りに小規模なナラガシワ林がありましたが、畑や果樹園とも隣接しており、農薬を撒かれたら一発で居なくなるような場所でした。

しばらく探すも全く見当たらず、これはもうこの場所では絶滅したかな?と思っていたとき、地元の人が見つけて、教えてもらいました。
夕方5時ごろですが、メスを一頭確認しました。

f0063624_09064970.jpg
深い山でもゼフのいないところはたくさんあるのに、こんな人家の近くの小さな森に残っているとは、ゼフの生存条件が何なのか良く分かりません。
ともかく、居ることは分かったので、来年はオスの時期に行って、緑のピカピカを撮ってみたいものです。

# by blumei724 | 2015-12-15 09:16 | | Comments(0)

田淵行男さんのドラマ

ちょうど、11月29日にNHK、BSで田淵行男さんの人生を描いたドラマが放送されるそうです。

# by blumei724 | 2015-11-21 19:37 | 雑談 | Comments(0)

スマホ

今年からとうとう携帯をスマホにしました。そのおかげで、家にいなくてもブログを見られるようになり、今も通勤の電車の中です。
それで改めて、昔の自分のブログを読むと、すっかり忘れていたことが、いっぱい出てきます。
やっぱり記録のためにも、活動は書いておいた方が良いですねー。
# by blumei724 | 2015-11-18 09:55 | 雑談 | Comments(0)

田淵行男記念館

体育の日の連休、紅葉を見に信州に行っていました。
あいにく初日の日曜は天気が悪く、安曇野の美術館めぐりなどをしようという話になりました。
そこで、前から行ってみたいと思っていた「田淵行男」記念館にぜひ行きたいと主張して、プランに押し込みました。


f0063624_10255826.jpg
私自身、高山蝶の生態を解明した人ということ以外、あまり存じ上げていなかったのですが、なかなかに興味深く、楽しませていただきました。
山の写真が展示されていたのが、すべてモノクロでした。あえてモノクロ写真にこだわられていたそうですが、カラーが出始める前から写真を撮られていたことには違いありません。
さらに写真は乾板で、フィルムすらない時代だったそうです。重い機材を背負って山に登り、失敗の許されない枚数で、貴重な写真を撮っていたご苦労は並々ならぬものだったでしょう。テントも旧式、カメラも大きく重く、半分、自作で改良していたとのことでした。
それに比べれば、デジカメで好きなだけパシャパシャ押せる今の時代は幸せです。

けれども、逆にその時代がうらやましくも思えることがありました。
アサヒヒョウモンの生態解明調査の様子が館内のDVDで見られました。
今の日本では蝶の新種が見つかることはなく、幼虫から食草までも、すべて解明されています。
新しい発見をするのがとても難しいように思います。
未知の食草や生態を解明するという、そんなどきどきする体験を出来た時代が、とてもうらやましかったです。




# by blumei724 | 2015-10-13 10:28 | 雑談 | Comments(0)